バックナンバー

今年こそ、もっとお金に恵まれたい! 年の初めにそう思った人も多いはず。その願いをかなえてくれるのが、じつは「財布」です。
お金を呼び込んでくれる財布と、お金を逃してしまう財布の違いって? そのヒミツを詳しく知って、今年は楽しくリッチにいきましょう♪

監修/佳山知未 取材・文/細谷あつ子 イラスト/ナカオ☆テッペイ

お金に愛される財布の買い方

財布の寿命は2~3年と知って、「さっそく新調しよう!」と思った人も多いはず。お金が好んで寄ってくる財布と出会うには、じつはその見つけ方や買い方にも秘訣があるのです!

いつ買えばいい?

新しい財布を買うなら、火の気が強い夏よりも秋から冬にかけての時期がベター。特に火と正反対の水の気が強い12月から2月が最良なので、今の時期はぴったりです。なかでも大安や、月に2~3回めぐってくる寅の日が特に◎。寅は十二支のなかでもっともお金と縁があるとされるので、寅の日は金運招来の日。そこで財布を買う日だけでなく、新しい財布を使いはじめるときも寅の日を選ぶと、よりいっそう金運が上がります。また、〈一粒万倍日〉や〈天赦日〉などの吉日も、財布を新調する日として理想的です。

直近はこの日!
寅の日 2月8日、20日
一粒万倍日 2月7日、12日、19日、24日
天赦日 2月20日

※ただし、暦の凶日と重なる場合があるため、注意が必要です。

雨の日の夕方以降がベスト!

一日の中で金運が上昇するのは、火の気が強い昼間よりも、水の気を帯びる夜。さらに雨が降っていると水の運気はますますアップ! また、お金は暗いところや静かで落ち着いたところを好む傾向もあり、雨や夜はそれに合っているのです。そこで財布を買うなら、ぜひ雨の日の夕方以降にしましょう。お金がたまる財布がきっと見つかります。

おすすめファッションは白!

財布を買いに行くときは、自分の装いの〈色〉にも気をくばるのがおすすめ。ぜひ身につけたい色はズバリ、白です。白は、よいものとの出会いを招いてくれるラッキーカラー。白い服を着るか、何か白い小物を持っていきましょう。お金が増える財布に出会える可能性が強まります。

どこで買えばいい?

金運に恵まれた財布を買うには、富気(豊かで富めるエネルギー)が強く、にぎやかな場所を選びましょう。おすすめは、たとえば〈銀〉が〈座る〉と書く東京の銀座に代表されるような一等地にあるデパートなど。ネットなどで買うのではなく、実際に店に足を運び、自分の目で見て、手で触れてみて、選ぶことが鉄則です。それも笑顔が魅力的で接客態度が素敵な店員さんから買えば、ますます金運アップ! 笑顔はお金を呼ぶからです。
なお、質店やリサイクルショップなどで財布を買うのは避けるべき。ネガティブな気を持つ財布がまぎれているかもしれません。さらにクレジットカードではなく、現金で買いましょう。クレジットはつまり〈借金〉と考えるべきで、金運に「無理の気」がたたってしまいます。

そして何より大切なのは……

財布を買うときのさまざまなラッキーポイントや注意点をご紹介しましたが、何より大切なのは、自分が心から気に入った財布を買うこと! それほど好きな財布なら、ていねいに大切に使うことができるはずだからです。そんな財布こそ、お金に愛される財布。お金のほうから、どんどん集まってきてくれます。ぜひ、「これ!」とひと目ぼれするほどの〈運命の財布〉を見つけてください。

佳山知未
教えてくれた人

佳山知未さん

開運財布コンサルタント。金運をはじめ運が開ける財布について、個別指導や講習会を行うなど幅広く活躍。著書に『お金がどんどん舞い込む開運財布術』『お金と幸運を引き寄せる! 魔法の開運財布術』(ともに宝島社)などがある。
http://ameblo.jp/lucky-wallet/
INDEX

HOME