バックナンバー
髙山かづえさんの

ときめきサンドイッチ

手でつまめて手軽に食べられるサンドイッチ。ここ数年は専門店が増えるなど、注目が高まっています。ここでは、料理家の髙山かづえさんに個性あふれるサンドイッチメニューの数々を教えてもらいます。テーマは、「喫茶店風」「アメリカンダイナー風」「ニューウェイブ」「甘味系」の4つ。心ときめく見た目と、口に入れたときの感動的なおいしさを兼ね備えたサンドイッチの数々を、存分に堪能してください!

料理/髙山かづえ 撮影/佐山順丸 スタイリング/浜田恵子

甘味系サンドイッチ

最終回にお届けするのは、フルーツサンドやピーナッツバターサンド、チョコクロワッサンサンドなど、おやつにぴったりの甘いサンドイッチ。うっとり至福のおいしさです。

バナナと黒みつのピーナッツバターサンド

懐かしいコッペパンを使ったおやつサンド。
黒みつとピーナッツバターの濃厚な甘みがくせになります。

材料(2人分)

  • コッペパン……2個
  • バナナ(小)……1本
  • ピーナッツバター……大さじ4
  • 黒みつ……大さじ1
  • きなこ……小さじ1

作り方

① バナナは皮をむき、幅6〜7mmに切る。

② コッペパンは縦に1本切り込みを入れる。それぞれのパンにピーナッツバターを等分に塗る。バナナを1/2量ずつのせて黒みつを等分にかけてはさみ、きなこをふる。


フルーツロールサンド

いちごとキウィを、食パンをつないで巻いたカラフルサンド。手作りのカスタードクリームのおいしさは格別です。

材料(2人分)

  • 食パン(サンドイッチ用・12枚切り)……4枚
  • いちご……3粒
  • キウィ……1/2個
  • 卵黄……1個分
  • 牛乳……2/3カップ
  • バニラエッセンス……少々
  • 砂糖
  • 小麦粉
  • バター

作り方

①カスタードクリームを作る。ボールに卵黄を入れて泡立て器でほぐし、砂糖大さじ2を加えてすり混ぜる。全体に混ざったら小麦粉大さじ1を加えて粉っぽさがなくなるまで混ぜる。小鍋に牛乳を入れて中火にかけ、沸騰する直前で火を止める。ボールに1/3量を加えてよく混ぜてから、残りの牛乳を加えてなめらかになるまでさらに混ぜる。

②クリームを小鍋に移して中火にかける。ゴムべらで絶えず混ぜ、煮立ったら弱火にし、とろみがついてきたらさらに2分ほど混ぜながら煮る。バター大さじ1、バニラエッセンスを加えてよく混ぜる。ラップを敷いたバットに移し、表面にラップをぴったりとはりつけ、粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やす。

③カスタードクリームをボールに移し、混ぜて柔らかくする。食パンは2枚一組にし、一辺に1cmほど水をつけて2枚をつなぎ合わせ、菜箸でしっかり押さえる。いちごはへたを取り、縦に幅2mmに切る。キウィは皮をむいて横に幅2mmに切る。

④2組のパンを別々のラップの上にのせ、クリームを1/2量ずつパン全体に塗る。一方のパンにはいちご、もう一方のパンにはキウィを並べる。ラップを持ち上げながらくるりと巻く。冷蔵庫で30分ほど冷やし、それぞれ4等分に切る。


あんずとチョコレートのクロワッサンサンド

さっくりとしたクロワッサンに、甘酸っぱいあんずとミルクチョコレート、たっぷりのバターが絶妙に調和。大人のおやつにおすすめで、コーヒーともよく合います。

材料(2人分)

  • クロワッサン……2個
  • 板チョコレート(ミルク)……1枚
  • 干しあんず……6~8個
  • バター(食塩不使用)……20g

作り方

① あんずは大きければ半分に切る。板チョコは一口大に割る。バターは冷やした状態で幅3mmに切る。

② クロワッサンは縦に1本切り込みを入れる。それぞれのパンにバター、板チョコ、あんずを1/2量ずつのせてはさむ。


●本文中で表示した大さじ1は15ml、小さじ1は5ml、1カップは200mlです。1ccは1mlです。

髙山かづえ
教えてくれた人

髙山かづえさん

料理研究家、フードコーディネーター。料理家・川津幸子さんのアシスタントなどを経て、独立。『オレンジページ』をはじめ、生活情報誌や料理ムックなどで活躍中。著書に『ねばうまレシピ100』(ダイアプレス)、『お湯を注ぐだけですぐ食べられる! 作りおきスープの素』『あたためるだけですぐに食べられる!作りおきスープの素』(ともに文藝春秋)などがある。
INDEX

HOME