バックナンバー
フレッシュな香りをそのまま食卓へ!

キッチンハーブの
楽しみ方・育て方

ホームセンターや園芸店などにハーブの苗が出回る季節になってきました。魅力的な香りや風味で、お料理をぐっとおいしくするハーブは、キッチンやベランダで育てれば、いつでも使えてとっても便利!ぜひチャレンジしてみて♪

Vol.2 ローズマリー

ローズマリーは大きく育つハーブで、10年以上楽しめます。野性味ある独特の香りは、料理のアクセントに最適。オイル系の料理によく合う万能ハーブです。花も食べられます!


Recipe

豚肉のはさみ焼き

豚肉と相性抜群のローズマリー。はさんで焼くとローズマリーが焦げず、おもてなしにもぴったりなおしゃれな一品に♪

材料(2人分)

  • 豚ロース薄切り肉 10枚(200g)
  • ローズマリー 4〜5本
  • にんにく 1かけ
  • 塩 適宜
  • こしょう 適宜
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 好みでバルサミコ酢 適宜
  • あればベビーリーフ 適宜

作り方

① ローズマリーは飾り用に適宜取り分け、残りは葉を摘んでみじん切りにする。にんにくはすりおろす。

② 豚肉は広げて、にんにくを塗り、塩、こしょうをふる。肉の半分の面にローズマリーを等分に置き、肉をたたむ。

③ フライパンにオリーブオイルを入れて中火で熱し、肉を焼く。両面焼けたら、器に盛る。好みでフライパンに残った脂に、バルサミコ酢を加えてひと煮立ちさせ、肉にかける。ベビーリーフと飾り用のローズマリーを添える。

◎肉にはさむことでローズマリーが焦げません。

How to grow!
大きな鉢で風通しよく!
長くつきあえるハーブです


◎収穫:通年 ◎分類:多年草(〜10年)
育て方のコツ:枝をどんどん摘んで使えるように、背丈30cm程度の大きめの苗木を手に入れ、大きな鉢で育てるのがおすすめです。根元近くの下葉が枯れていない苗を選びます。土は、やや乾きぎみがベスト。大切なのは風通しです。葉が黒くなったら風通しが悪い証拠なので、混み合った枝をカットします。春先や梅雨前には、切り戻し(根元から約1/3を残して全体的にカット)をして、蒸れ予防を。土の表面や鉢の下から根が出てきたら、さらに大きな鉢へ植え替える合図です。

こんな使い方も

はちみつローズマリー

ローズマリーをさっと水洗いして、水けをしっかりきり、びんに入れてはちみつを加えるだけ。早く香りをうつしたいときは、ローズマリーをかるく手でもんでから入れます。花もいっしょに漬けてOKです。香りが強く感じたらローズマリーを取り出して、肉料理などに活用しましょう。常温で長期保存可能です。


[楽しみ方]
○バタートーストやホットケーキとともに
○ヨーグルトのトッピングに
○炭酸水やお湯で割って輪切りレモンを加え、レモネードに

●本文中で表示した大さじ1は15ml、小さじ1は5ml、1カップは200mlです。

植松良枝さん
教えてくれた人

植松良枝さん

料理研究家。神奈川県伊勢原市に菜園を持ち、野菜やハーブを育てながら季節感あふれる料理を提案。海外へ食探訪の旅へ出ることも多い。近著に『スペイン・バスク 美味しいバル案内』(産業編集センター)、『バスクバルレシピブック』(誠文堂新光社)がある。

料理・スタイリング/植松良枝 撮影/馬場敬子 取材・文/峯田亜季

INDEX

HOME