バックナンバー
苦手を克服!

マチカド英会話レッスン

今や日本の津々浦々で外国人観光客が激増中! いきなり英語で道をたずねられてアタフタしたこと、ありませんか? 2020年の東京オリンピックへ向け、外国人とふれあう機会がますます増えると、より英会話力が必要に。「英語は苦手」なんていってる場合じゃありません! 今からマチカドレベルの英会話をマスターしておきましょう。教えてくれるのはアゴス・ジャパン専任講師の松園保則さん。さあ、カンタン気軽な英会話レッスン、開講です♪

監修/松園保則 取材・文/細谷あつ子 イラスト/フジモト・ヒデト

Lesson 2 意外と知らない! 英会話のNG&OK編


私たちが何気なく使っている英語のなかには、会話ではときに本来の意図とは違った伝わり方になる単語や表現が! 逆に、ひと言加えるだけでなごやかになる魔法の言葉もあります。そんなNG & OKをチェックしておきましょう。

会話が重たくなってしまうおなじみワード


日本人がつい使いがちなのに、じつは会話を重た~くしてしまう危険性があるワードがあります。それは英語の授業で慣れ親しんだはずのあの単語たち!! 会話では少し注意が必要ですよ!

じつは避けたいワード①

Sorry

「すみません」という言葉をよく使う私たち日本人。そんな感覚で「Sorry(I'm sorry)」を頻繁に発しがちですが、これは意外と重い意味を持つワード! 本当に悪いことをしたとき「申し訳ございません!」と〈謝罪〉する言葉なので、マチカド英会話では、「すみませんけど……」といった軽いニュアンスの「Excuse me」を使いましょう。

じつは避けたいワード②

have to

学校の授業でもたっぷり習った「have to(~しなければならない)」。何気なく使ってしまいがちですが、じつは少々キツイ言葉になることが! たとえば電車の乗り換え案内では、「○○線に乗りなさい!」「××で乗り換えなさい!」と命令する口調になることがあります。代わりにぜひ使いたいのが、こちらもおなじみの「can」。「○○で乗り換えられますよ」といったやわらかい表現になるので◎です。

これで解決!覚えておきたい鉄板フレーズ①

You can take the ○○ line.
(○○線に乗ってくださいね)

よりカッコいい表現を使いたいなら……

Make sure you take the ○○ line.
Be sure to take the ○○ line.
「Make sure~」「Be sure~」は、「忘れず~してね」といったニュアンスを持つ表現。これを使えたら、よりスマートな上級者!

じつは避けたいワード③

「please」

命令口調にならないようにていねいに、という気持ちで使いたくなる「please」。ところが意外にも、こちらも重たいワードになってしまうことが! 特に話し始めに大きな声で強調しながら使うと、「お願いだから~してくれよ」と懇願する〈重し〉のような言葉になってしまいます。そこでおすすめなのは言葉の最初でなく、最後にさらっとつけること。そうするとかるく了解を得る程度のほどよいニュアンスになります。

これで解決!覚えておきたい鉄板フレーズ③

Wait a second, please.
(ちょっと待ってくださいね)

会話の最後を締めるOKワード

何とか道案内などを終えたら、最後のひと言もスマートに決めたいもの。そんなときに便利な鉄板ワードは、これ! お互い笑顔で別れられて、最高の印象を残せるはずです。

これで笑顔に! 覚えておきたい鉄板フレーズ④

Enjoy!
Good luck!
会話を終えて別れるとき、ベストな言葉はこの2つ。「Enjoy!」はだれにでも、どんなときにでもふさわしい万能な言葉。これひと言だけでももちろんOKだし、下の例文のように、いろいろな言葉をつけ加えることもできて便利です。また「Good luck!」は、相手がこれから目当てのものを探して買い物に行くような場合、「いいものが見つかるといいね!」といった意味で使うのがぴったりです。

道案内のあとで別れるときに……

Enjoy your trip!
(よい旅を!)

レストランなどで料理を提供したときに……

Enjoy your meal!
(食事を楽しんで!)

松園保則
教えてくれた人

松園保則先生

英国ウォーリック大学大学院修士課程(英語教授法)修了。㈱アゴス・ジャパン専任講師。明治学院大学国際学部非常勤講師。これまでに訪問した国は32カ国。最新著書に『かなり詳しく学べるTOEFL iBTテスト スピーキング・ライティング演習編』(河合出版)。
http://www.agos.co.jp/
INDEX

HOME